TOP > 一関市の40代の熟女の割り切り交際

岩手県の熟女の割り切り交際の投稿内容

40代の画像

今回はハピメの岩手県エリアで熟女さんと仲良くなりました。
一関市に住む40代の熟女で彼女の目的は割り切り交際。
彼女が言うには昔は亜湖とか石堂夏央に似ているとの事。
本当かよ?と趣味を聞けば剥製をやっているとの事。
前職は機械検査工…
どんな女だっつーの!
アドレス交換後に10回ほどやりとりしたが、変な女だったので受信拒否しました。

翌日は一関市の女とアポ取りできてハメました。写真も撮ったのでご覧ください

一関市の熟女をネットナンパで探す方法

ヒント

キノコ

本日のコラム

先日、近所のTSUTAYAに並んでいたので、ネタ半分で見た。
 結論から言うと、思っていたよりもずっと良かったかな。原作アニメとは全然関係なかったし。
 何より、ハーロックの声を担当した小栗旬さんが意外とハマっていた(予告編参照)。演技も井上真樹夫さんぽかった。
 オリジナルの井上真樹夫さんであれば言うことなしなんだけど、大人の事情でそれが無理であるなら、まあ許容できるレベルだと思う。
 むしろ山寺宏一さんよりも合っているかも。 その他、三浦春馬さんや蒼井優さん、古田新太さんなどが主要キャストに名を連ねているが、いずれも違和感を覚えなくて済んだ。
 これがアニメならまたちょっと違うかもしらんけど、3DCGという実写に近い表現ではまったく問題ないと思う。
 まあ、いずれも実力ある俳優さんだから、というのはもちろんあるのだろう。実際のところ、「プロの声優」さんと混じっても違和感なかったし。
 ストーリーも松本零士センセの漫画原作とはまったく異なるオリジナルなもので、これはこれで更に意外にも楽しめた。
 というか、終わったはずの旅が再開しちゃった999、1000年後に舞台を移した新宇宙戦艦ヤマトなんかを目の当たりにすると、設定だけ借りてくるのが正解かも。別にデビルマンやガッチャマンのことを言ってるわけだぞ。
 CGに関しても、アルカディア号はどこのパイレーツ・オブ・カリビアン?が散見されるものの、メカや惑星などといった非生物なオブジェクトに関しては「おお」と思わせる描写、演出も少なくない。 
 しかし、人物は正直厳しいねえ。悲しいかなpcどころか家庭用ゲームとのレベルの差はあんまし感じなかった。
 まあ、レンタルで見る分には損はないと思うので、そこそこおすすめ。
■ 宇宙戦艦ヤマト2199劇場版
 タイトルは「星巡る箱舟」だそうで。てっきり「さらば〜」のリメイクを予想していたのだが。…そういや「完全新作」って謳ってたっけ。
 2199本編でも、一応白色彗星帝国(の艦隊)は出てくるんだけど、とりあえず今回はメインフレームからは外れた、と。
 まあ、台風じゃあるまいし、毎年毎年地球の危機が訪れてたらたまらんよな。どんな話になるのか知らんけど。
■ 「さよならシジュピター」サントラ購入
 amazonにて\982。
 収録内容は1984年に発売された同名のサントラと同じ。いっときプレミアがついて、相当な高額で取引されていたらしい。
 映画に関しては、うんまあ…そこはアレなので。
 なお本作で天才少年カルロスを演じた俳優さんが後のマーク・パンサーであることはあまりにも有名であろう。
 ところでネットでマルチ商法やってたそうだが、今なにやってるんだろうねえ。