TOP > ネトナンで割り切りエッチ

みんさん、最近の援交市場は、風俗なんかよりずっと充実していますよ

みんさん、最近の援交市場ってとっても充実していますよ。

まず、世の中の不況を反映してか、円光の市場価格も下落をつづけています。

あくまで私見ですが、平均すると15000円もあれば、とりあえずオマンコを堪能できますし、女子のタイプも女子大生、人妻、熟女と色とりどりです。

どうしてもオマンコがしたい夜、一番手っ取り早いのはやはり風俗ですが、出会い系でほんのひと手間かけるだけで、素人女子のマンコが調達できるわけです。

割り切りの画像

みなさん、このひと手間を惜しまず、ぜひ出会い系にログインしてみることをお勧めします。

今回はハピメで出会った援交人妻のご報告です。

僕の場合、援交女子にテクニックなど期待していません。

援交で大切になってくるのはテクではなく、まずその女子の「人柄」ですね。

といっても僕は相手に優しさだの誠実さを求めているわけではありません。

ズバリ「どスケベな性格」に興奮を覚えるわけです。

その人妻さんの年齢は31才。

援交を始めてまだ1ヶ月の援交ビギナーでした。

でも、彼女の場合、援交を始めてから、一皮むけたというか、なにかが吹っ切れたというか、自分でもびっくりするくらい「悪い女」になってしまったのだそうです。

援交市場の画像

彼女自身、意外だったのは、旦那以外の男とエッチしても「なにも罪悪感を感じない」ことだったんですって。

「だって旦那とはもうレス気味だったし、だったら他の人と気持ちいいことをして、なにが悪いんだろうって、エッチしたあとつくづくそう思ったの」

まあ、その気持ちもわからなくはないけど、女ってほんと怖いです(笑)。いったんそうやって自分の本心に気づいてしまうと、もう用意周到かつやりたい放題です。いまでは多い時、週に5人くらいの男の援交しているそうです。

だから援交ビギナーでありながら、彼女はこのひと月で20本近くのチンコをマンコに入れちゃった計算になります。

援交といっても、彼女自身マンコがしたくしょうがないわけですから、こんなに気持ちよくて儲かるアルバイトはありません。

LINEの画像

そうしてホテルに入ったときです。

今の彼女の心境を象徴するような出来事が起こりました。

ちょうど裸でベッドに入ってエッチを始めようとした矢先のことでした。彼女の携帯に旦那さんから電話が入ったんです。

「ごめんなさい。最近旦那がわたしのことちょっと疑っているみたいなの。またかかってくると気が散るから、要件すませちゃうね」

そういって彼女は電話を取りました。電話の様子から察するに、旦那は根掘り葉掘り彼女の動向をさぐっているようでした。

そのとき僕は、ちょっといたずら心が芽生えてしまい、彼女にクンニを始めたんです。

そしたら人妻さんは別段僕を拒まず、逆にクイクイとお尻を揺らしながら僕の刺激を求めてきます。

結局人妻さんは、旦那さんに言い訳しながら、マンコからピューピュー潮を噴きながら、いってしまいました(笑)。

続きを読む

最新の出会い掲示板一覧

女性の会員が増えている優良サイトです。管理人が使っているサイトで、今だと初回は1500円から2000円分も無料で遊べますよ。